2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.12.04 (Thu)

続々・Horse Race

こんばんは!
後藤です

外は、めっきり寒くなりましたね
風邪をひかないように気を付けなければ。。。

さて、金子先生が昨日更新し忘れたため、そのあおりを受けて今更新です(笑)

さてさて、先週の記事で、1995年のクラシックと書いたんですが、1994年の間違いでした
競馬通の私としたことが・・・
大変失礼いたしました


さあ、シャドーロールの怪物とは、皆さんお分かりですね
そう、ナリタブライアンです!!
競馬を見はじめてから、20年経ちますが、今までで一番強い馬はと聞かれたら、間違いなく
この馬と答えるでしょう。
ちなみに、このブログの読者さんに
『先生、答えはナリタブライアンね』と、言われました。
お見事です
競馬ファンとしては、非常に嬉しかったです

かくして、僕は競馬の道にのめり込んでいったのです。
その翌年、競馬界はサンデーサイレンス旋風が吹き荒れます。
今までの常識をことごとく打ち破っていくのですが、このお話はまた、別の機会で。

そんな中、ナリタブライアンはどうなっていったかというと、
95年の初戦である阪神大賞典を圧勝し、これからどれだけ強い姿を見せてくれるのかと、思った矢先、
股関節炎を発症してしまうのです。
その秋には、なんとか復帰するのですが、以前の彼とは別馬のようになってしまっていました。
それでも、走るたびに着順をあげ、迎えた96年の阪神大賞典でした。
僕は、競馬のレースを見て泣いたのは、後にも先にもこのレースだけだと思います。

                                                   続く

《次回予告》
僕が泣いた、感動のレース内容とは・・・
次回、涙なしには語れない、感動の阪神大賞典をお送りします

22:12  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |