2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.07.29 (Wed)

世界第2位の選手の踊りを初めて間近で見て

こんにちは、石木です

先の日曜日は、千葉県連盟の会長の教室の創立記念パーティーに、後藤組と石木組がお招きいただきました。
このパーティーで僕が最も楽しみにしていたのが、
スタンダード 世界ランク2位
ビクター ファン&アナスタシア ムラヴィエヴァ組
のスペシャルデモンストレーションです


僕が一番好きな選手で、その踊りを間近で生で見られるんですから、最高ですよね!!


ただ、現実はなかなか思い通りには行かず・・・笑
嬉しいハプニングだったのですが・・・


自分たちのデモンストレーションが終わり舞台袖に戻っていったら丁度、ビクター組が到着して準備を始めているところでした。
周りの先生方は皆、やはり物珍しい光景を見る目で二人を見ながら控室へと戻っていったのですが、
突然、パートナーのアナスタシアが僕に、
『フロアは滑った?』
と話しかけてきました。もちろん英語で

咄嗟のことで、まだ耳が英語に慣れていなくて、3度目くらいでようやくわかり、やりとりをしていました。

僕は学生の時に一度だけ二人にお会いしたことがあり、
『お久しぶりです。いかがお過ごしでしたか?』
などなど少し会話をしていたら、
二人の引率で来ていた先生(日本人)が僕を見て、
『今後のオーガナイズは彼に全て任せますね。』
とリーダーのビクターに伝えているではありませんか


   マジかよ、聞いてないし・・・俺に任せられても責任取れんぞ!


嬉しい話ではありますが、最近、他者と英語でのやりとりを殆どしてこなかったので、
やはりそんな思いは湧いてきますね。

結局、細かなやりとりは引率に来た先生がやってくれていましたが、
そんなこんなしているうちに次は、ビクターが僕のところに来て、
『僕のiPhoneで二人のダンスの動画を撮影してもらえないでしょうか?』
と尋ねてきました


これまた責任重大な・・・失敗したらマズイしなぁ・・・
まぁ、僕もiPhone使っているから問題無いんですがね

そんなこんなで、僕はビデオ撮影係となり、楽しみにしていた二人の踊りの半分以上は、
iPhoneの小さな画面越でしか見ることが出来ませんでした 笑

それでも、目線を変えて生で見る余裕もありましたけどね。


問題なく撮影できて、終わった後も色々とやりとりもして、記念撮影もしてもらい、貴重な機会を頂きました。

IMG_6038.jpg


映像やら、実際に踊っているときはとても大きく見えて、ビクターは180cmを超えているように感じるのに、
実際に並んでみると僕の方が身体の厚み、背も大きいことに気付き、ある意味ビックリでした。

写真見ての通り、僕は顔がデカいんですな。
17:08  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |